土屋文明と徳田白楊 - 米田利昭

米田利昭 土屋文明と徳田白楊

Add: ivicosa86 - Date: 2020-11-28 14:47:54 - Views: 8356 - Clicks: 1566

Get Textbooks on Google Play. jp2) 連載 書評 『飢餓の充足 現代短歌状況と課題』菱川善夫著 / 森山晴美 / p139~. 連載 書評 『歌人 松倉米吉』米田利昭著 / 石田比呂志 / p138~. ツチヤ ブンメイ ト トクダ ハクヨウ : ウタ ノ フィールド ワーク. れぱぶりか - 青木郁子他 / 作品 – 鎌田弘子他 ・ 十人集 – 小川滝他 ・ 作品 – 柴田タエコ他 / 作歌論備忘 ( 35 ) – 近藤芳美 ・ 三井甲之( 5 ) - 古明地実 ・ 徳田白楊( 10 ) - 米田利昭 / 短歌における認識の核 - 大島史洋 ・ 第二芸術論の周辺 - 後藤. 著者 米田利昭 出版社 勁草書房; 解説 初版B帯1984年2400円. 米田利昭『土屋文明と徳田白楊』 勁草書房 1984年 初版(ヤフオク! )は1件の入札を集めて、/09/06 21:17に落札されました。. 12; 宮沢賢治の手紙 大修館書店 1995.

土屋文明と徳田白楊-歌のフィールドワーク. jp2) 現代短歌月評 / 吉村睦人 / p270~. 『土屋文明』研究・批評・六冊 『土屋文明私稿』著者:橋本徳尋・古川書房『土屋文明と徳田白楊』著者:米田利昭・勁草書房/『土屋文明論』著者:伊藤源之助・五月書房 篠路:S26383・.

土屋文明と徳田白楊 : 歌のフィールドワーク. 7; 戦争と民衆 沖積舎 1993. 26 商品詳細 ☆・『土屋文明』・研究・批評・評論6冊 ☆・①・『土屋文明私稿』 ・著者:橋本徳壽. 白楊の情報 「白楊」は68件の商品が出品されており、直近30日の落札件数は8件、平均落札価格は3,382円でした。 オークファンでは「白楊」の販売状況、相場価格、価格変動の推移などの商品情報をご確認いただけます。. 土屋文明と徳田白楊: 米田利昭: 昭和59年 : 2,200円: 8019: 土屋文明の周辺: 釜井容介: 平成5年 : 2,200円: 8020: 土屋文明全歌集各句索引: 佐藤嘉一編: 平成7年 : 3,300円: 8026: 土屋文明書簡集: 土屋文明書簡集委員会: 平成13年 : 3,300円: 8013: 土屋文明百首: 小市巳世司編. 徳田白楊 徳田白楊の概要 ナビゲーションに移動検索に移動生涯1911年(明治44年)5月28日、大分県大野郡上緒方村(現・豊後大野市緒方町)に森下虎三郎の二男として生まれる。. 勁草書房 架蔵限定500部 函~経年変化によるヤケ・イタミ等あり 中は綺麗です 乱丁落丁検品済みの在庫件検索結果を表示し. 45 土屋文明と徳田白楊 歌のフィー ルドワーク 米田利昭 勁草書房 1984 1,200 46 歌あり人あり 土屋文明座談 片山貞美編 角川書店 昭54 1,000 47 土屋文明の後姿 釜井容介 短歌新聞社 平10 1,000 48 土屋文明百首 小市巳世司編 短歌新聞社 平2 1,000 49 土屋文明短歌の展開.

現代短歌大事典』へ戻る (項目名・読み・執筆者) 愛国百人一首 あいこくひゃくにんいっしゅ 来嶋靖生 相澤一好 あいざわかずよし 大滝貞一. 土屋文明と徳田白楊 : 歌のフィールドワーク トマト書房 ¥700 (送料:¥310~). : 1975 年 12 月号 No. 勁草書房, 1984. 286/ A5 版 89 ページ. 土屋文明と徳田白楊 - 米田利昭 07~通号:. 米田利昭著, 「土屋文明と徳田白楊」, 一九八四年七月三十日, 勁草書房刊, 三二三頁, 二四〇〇円 横井 源次郎 日本文学 33(12), 70-72, 1984.

れぱぶりか - 吉田漱他 ・ 作歌論備忘 ( 19 ) – 近藤芳美 ・ 枝々の目覚め ( 18 ) - 金井秋彦 ・ 徳田白楊( 2 ) - 米田利昭 ・ 柊の垣のうちから – 光岡良二 / 少女 - 浅尾充子 ・ 坂 - 桜井絹子 ・ 作品 - 柴田タエコ他 ・ 十人集 – 大石. いらっしゃいませ♪ 橙灯房へようこそ! 商品詳細 米田利昭【土屋文明と徳田白楊】歌のフィールドワーク 発行 勁草書房 1984年7月30日 初版発行 全323頁 当時定価 2,400円+税 帯付き 絶版 近代短歌の最長老・土屋文明の壮年期の歌を実地検証し、夭折した青年歌人. 7; 歌よむ人びと 民衆短歌の現在 沖積舎 1987.

書評 米田利昭著 『土屋文明と徳田白楊』 / 森川平八 / p258~. jp2) 歌集歌書展望 / 伊藤雅子 / p262~. 土屋文明 - 短歌の近代 - 米田利昭(日本文学) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

Read, highlight, and take notes, across web, tablet, and phone. 土屋文明紀行 正続篇: 村松和夫: 昭和63年: 2冊: 3,300円: 8009: 土屋文明 短歌の近代: 米田利昭: 昭和59年 : 2,200円: 8008: 土屋文明と徳田白楊: 米田利昭: 昭和59年 : 2,200円: 8007: 土屋文明短歌質疑索引: 西三河アララギ会: 昭和57年 : 1,870円: 8006: 歌あり人あり 土屋文明. 絶版-米田利昭 土屋文明と徳田白楊 歌のフィールドワーク 初版(ヤフオク! )は0件の入札を集めており、/10/29 22:45に終了します。. 土屋文明と徳田白楊-歌のフィールドワーク ¥1,000. 愛国百人一首(あいこくひゃくにんいっしゅ)▶来嶋靖生 相澤一好(あいざわかずよし)▶大滝貞一 相沢貫一(あいざわかんいち)▶田井安曇 相沢正(あいざわただし)▶大河原惇行 会津八一(あいづやいち)▶喜多上 相野谷森次(あいのやもりじ)▶大滝貞一 アイロニー(あいろにー)▶高瀬一誌 青井史(あおいふみ)▶田村広志 青垣(あおがき)▶新井章 青田伸夫(あおたのぶお)▶秋葉四郎 青山霞村(あおやまかそん)▶永岡健右 赤木健介(あかぎけんすけ)▶水野昌雄 赤木公平(あかぎこうへい)▶水野昌雄 赤座憲久(あかざのりひさ)▶冨士田元彦 明石海人(あかしかいじん)▶前川佐重郎 アカネ(あかね)▶貞光威 阿木津英(あきつえい)▶黒木三千代 秋葉四郎(あきばしろう)▶佐保田芳訓 秋村功(あきむらいさお)▶大島史洋 秋山佐和子(あきやまさわこ)▶古谷智子 芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)▶小池光 阿久津善治(あくつぜんじ)▶御供平佶 浅香社(あさかしゃ)▶太田登 浅野英治(あさのえいじ)▶梓志乃 浅野光一(あさのこういち)▶真鍋正男 浅野順一(あさのじゅんいち)▶水野昌雄 浅野梨郷(あさのりきょう)▶島田修三 葦(あし)▶大島史洋 芦田高子(あしだたかこ)▶内野光子 明日香(あすか)▶川合千鶴子 梓志乃(あずさしの)▶阿木津英 足立公平(あだちこうへい)▶内野光子 跡見花蹊(あとみかけい)▶永岡健右 阿部静枝(あべしずえ)▶黒木三千代 阿部正路(あべまさみち)▶森本平 尼ヶ崎彬(あまがさきあきら)▶永田和宏 天田愚庵(あまだぐあん)▶坪内稔典 雨宮雅子(あめみやまさこ)▶久我田鶴子 綾部剛(あやべつよし)▶大滝貞一 鮎貝槐園(あゆかいかいえん)▶加藤孝男 新井章(あらいあきら)▶草田照子 新井洸(あらいあきら)▶谷岡亜紀 新井貞子(あらいさだこ)▶大野道夫 荒井孝(あらいたかし)▶大河原惇行 荒木暢夫(あらきのぶお)▶吉野昌夫 アララギ(あららぎ)▶今西幹一 ARS(あるす)▶高野公彦 合わせ鏡(あわせかがみ)▶内藤明 アンソロジー(あんそろじー)▶茅野信二 安藤佐貴子(あんどうさきこ)▶井田金次郎 安藤寛(あんどうひろし)▶俵万智 安保闘争詠(あんぽとうそうえい)▶岩田正 安立スハル(あんりゅうすはる)▶鈴木竹志 飯岡幸吉(いいおかこうきち)▶大河原惇行 飯田明子(いいだあ.

1)が、きわめて左寄りであった禍根を思い起こす。 この三省堂の『現代短歌大事典』の出発にさいし、企案者の飛鳥勝幸さんと実質的な打合せをしたのは、1995年8月28日である。すでに五年前のこととなる。わたしが編集に携わる歌誌「まひる野」の全国大会が、箱根湯本の天成園で行われた、そのさいのことであった。すでに国文学の学会等で親交があり、この企画の加担者(編集委員となる)でもあった、愛知淑徳大学の島田修三教授も立ち会う。大会の閉会を見計って、飛鳥さんが駆けつけてきた。当初の構想は、戦後からの半世紀にウエートを置くものであったが、やはりこの百年を目に入れた、近代短歌の総体を問いたいことを、そこで確認することができた。 監修者に、女性歌人の第一人者である馬場あき子さん、もっとも現代を掌握する佐佐木幸綱さんの二人に快諾を得る。編集委員の九人は、歌壇の中堅歌人として、論作ともに最前線にあるメンバーである。とりわけ来嶋靖生さんは早大短歌会以来の旧友で、編集者としての経験も深く、実務の支柱の一人となってくれる。これで、適切無比な事典とならないわけがない。 これまでの事典の欠点. 土屋洋二 : 春風社: 初版A帯年3200円四六判401頁. See full list on dictionary. Rent and save from the world&39;s largest eBookstore.

土屋文明と徳田白楊 歌のフィールドワーク 勁草書房 1984. 1; わたしの漱石 勁草書房 1990. 米田利昭: 勁草書房.

Amazonで米田 利昭の土屋文明と徳田白楊―歌のフィールドワーク (1984年)。アマゾンならポイント還元本が多数。米田 利昭作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 7; 追悼米田利昭 米田幸子編 短歌. 07;本タイトル等は最新号による;1巻1号 (昭和31年5月)-16巻12号 (昭和46年9月) ; 16巻13号 = 222号 (昭和46年10月)-54巻10号 = 788号 (平成21年7月号);以後休刊;総目次・総索引あり. 土屋文明と徳田白楊 - 歌のフィールドワーク - 米田利昭(日本文学) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. ▽引きやすい、調べやすい、読みやすい事典。 ▽歌人(評論家)項目、約1000人掲載。 ▽事項(歌誌、歌集、歌論、結社、短歌用語他)、約500項目。 ▽歌人項目は、《略歴》《作風》《歌集・歌書》《代表歌鑑賞》《参考文献》からなる。なお、代表的歌人には《評価・研究史》を加えた。 ▽歌誌他解説は《創刊》《歴史》《特色》《参考文献》から構成。 ▽短歌用語解説は《語義》《実例》《参考文献》から構成。 ▽歌人の人間像にせまる《代表歌鑑賞》、約1000首。 ▽解説は正確を期し、約3000首に及ぶ引用歌の出典(年・月、出版社)まで詳細に記述。 ▽詳細、かつ利便性のある索引(「人名索引(9頁)」「事項索引(10頁)」「引用歌索引(14頁)」)。 ▽付録の充実。「全集・叢書・辞典・事典一覧(5頁)」、「受賞一覧(7頁)」。 ▽近代100年の歩みが多層的に分かる「近・現代短歌史年表(29頁)」。 ▽楽しめる結核歌人高齢歌人列伝歌集出版社などの「コラム」。. Webcat Plus: 國文學 : 解釈と教材の研究, 国立国会図書館雑誌記事索引. 篠 弘 いずれの部門を見ても、しかるべき事典が出ているジャンルは、意外に少ないのかもしれない。かりに出版されていたとしても、古い内容で、増補される新版を待つ。それもいつ出るのかわからないのが現状であろう。専門事典は枯渇しがちである。 わたしがよく使っている短歌事典は、明治書院刊の『和歌文学大辞典』(62.

本書は、この年という時代の大きな節目に際して、明治以降の短歌史の総決算を図るものである。目下急速に近代短歌を見直そうとする機運が昂揚する。概ね近代の起点は1893(明26)年の「あさ香社」の結成により、和歌革新の運動が始まったことからして、いわば百年の歴史の総体を知り、その歴史から学ぼうとするものである。 近代の短歌は、江戸末期以来の旧派和歌を克服するために、様々な試行を続けてきた。西欧の散文や詩歌から摂取し、自然主義文学の散文からも影響を受ける。また、モダニズム文学とも接触する。果敢なる挑戦によって、近代文学の一環としての短歌が形成されてきた。そして、その遺産が今日の短歌の基調となっているが、夥しい時代の変化や歌壇の結社の消長によって、この百年の実態を的確に掌握することは難しい。この間の運動はもとよりのこと、歌人を適切に理解し、その作品を鑑賞するための本格的な事典が、今に存在しないからである。 本書は『現代短歌大事典』と命名したが、この近代百年を再認識し、再評価するための総合的な事典である。近代の歌人約900名を立項したことが、最もその顕著な証左である。監修者・編集委員の全員が項目の選定に当たると共に、執筆者の選出にも鋭意携わった。約200人の歌人・評論家・研究者の参加を仰ぐことによって、ここに歌壇内外から渇望されてきた体系的な事典となったことを喜びたい。本書によって、初めてこの百年の短歌が客観的に理解されうるはずである。 本書の内容は、短歌史の諸資料の充実を自負するばかりではない。引用された短歌の鑑賞を始め、作風や技法に関するアドバイス、行き届いた批評用語の解説があり、実際に作歌する人達に寄与するように勤めた。実作に役立つように終始配慮してきたつもりである。最も新しい動向も記述されたことによって、恐らく21世紀の歌人にとって、長らく必備の事典となることを信じて止まない。そして、歌人が十分に利用されるばかりでなく、詩歌に繋がる実作者や研究者に、広く活用されることを祈念いたしたい。 篠 弘. 追悼米田利昭 Format: Book Responsibility: 米田利昭著 ; 米田幸子編 Language: Japanese Published: 東京 : 短歌研究社,. 8; 戦没教師の手紙 勁草書房 1992. 9)の二冊。いずれも古いものである。その後のことは、「短歌」「短歌研究」といった総合歌誌の年鑑を揃えておいて、それで追跡するよりほかはない。記憶にもとづいて歌人の没年や歌集の発行年を調べるのは、じつに容易なことではない。 かつて小学館に在籍中、その全ての百科事典の編集責任者であったわたしは、いずれは短歌事典をつくってみたいと思っていた。すでに『近代短歌論争史』や『現代短歌史』といった短歌史を書いてきたことだけに、その必要性を痛感してやまなかった。流派や結社、世代を超えて、できるだけ公平に扱うという姿勢に関しては、かなり身についているつもりであった。利用者の要望に広く応えるものでなければならない。戦後に企画された新興出版社の『近代短歌辞典』(56.

米田利昭 米田利昭の概要 ナビゲーションに移動検索に移動経歴東京府北豊島郡滝野川町(現・東京都北区西ヶ原)生まれ。1948年東京大学文学部国文学科卒業。東京大学時代は、東大アララギ会を中心としたグループ「芽」の中心人物で、岡井. 1933(昭8)年、東京都生まれ。現代歌人協会理事長。愛知淑徳大学教授。歌集『百科全書派』『濃密な都市』『至福の旅ひと』『凱旋門』、研究書『近代短歌論争史』『現代短歌史』他。 1928(昭3)年、東京都生まれ。「かりん」主宰。歌集『早笛』『桜花伝承』『葡萄唐草』、研究書『鬼の研究』他。 1938(昭13)年、東京都生まれ。「心の花」編集長。早稲田大学教授。歌集『瀧の時間』『旅人』『呑牛』、評論集『作歌の現場』他。 1944(昭19)年、岐阜県生まれ。「未来」編集委員・選者。歌集『藍を走るべし』『時の雫』『四隣』、歌論集『定型の視野』『定型の方法論』他。 1946(昭21)年、熊本県生まれ。「塔」選者。歌集『森のやうに獣のやうに』『ひるがほ』『桜森』、評論集『体あたり現代短歌』他。 1931(昭6)年、旧満州大連市生まれ。「槻の木」編集・発行人。歌集『月』『雷』『肩』、著書『森のふくろう・柳田国男の短歌』『歌人の山』他。 1944(昭19)年、東京都生まれ。「かりん」編集委員。歌集『耳の伝説』『家長』『太郎坂』『怪鳥の尾』、評論集『批評への意志』『宮柊二とその時代』他。 1944(昭19)年、山梨県生まれ。「りとむ」発行人。歌集『水の覇権』『甲州百目』、歌書『うたの水脈』『前川佐美雄』他。 1950(昭25)年、神奈川県生まれ。「まひる野」編集委員。愛知淑徳大学教授。歌集『晴朗悲歌集』『東海憑曲集』、論文集『古代和歌生成史論』他。 土屋文明と徳田白楊 - 米田利昭 1941(昭16)年、愛媛県生まれ。「コスモス」編集委員。青山学院女子短大教授。歌集『汽水の光』『淡青』『天泣』、評論集『地球時計の瞑想』他。 1954(昭29)年、東京都生まれ。「音」編集運営委員。早稲田大学教授。歌集『壺中の空』『海界の雲』、評論集『うたの生成・歌のゆくえ』他。 1959(昭34)年、千葉県生まれ。「かりん」編集委員。歌集『夏空の櫂』『一夏』『たましひに着る服なくて』、『四季のことば100話』他。.

土屋文明と徳田白楊 - 米田利昭

email: ikyhul@gmail.com - phone:(581) 342-4503 x 1665

“文学少女”見習いの、傷心。<特装版> DVD付 - 野村美月 - 俳優の演技術

-> たのしさいっぱいはこにわづくり - ミッチェル・カ-トリッジ
-> 世にも奇妙な職業案内 増感号 - ナンシー・リカ・シフ

土屋文明と徳田白楊 - 米田利昭 - 兵庫県国立公立私立中学校入学試験問題集 兵庫県立大学附属中学校


Sitemap 1

光に導かれて 従容録ものがたり2 - 青山俊董 - カレンダー 山岸奈津美